平成27年度 北アルプス医療センターあづみ 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 217 95 56 88 149 237 733 1074 1059 322
60歳以上の退院患者数が、全退院患者数の約79%を占めています。
高齢者で多い疾患は、肺炎・脳梗塞・循環器疾患があり、重症化すると入院期間が長期化する傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 51 17.53 14.34 1.96 77.35  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 28.1 21.69 2.38 86.67  
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 26 2.15 2.76 - 69.54  
内科・呼吸器内科では、肺炎・誤嚥性肺炎の患者さんが多くなっています。
高齢者の患者さんが多く、重症化しやすいため、入院期間が長期となっています。
(成人市中肺炎の重症度別患者数等の項目をご参照下さい)
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 23 16.96 14.34 - 75.96  
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 15 2.07 2.76 - 61.33  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 21.69 28.4 - 87.3  
内科・呼吸器内科では、肺炎・誤嚥性肺炎の患者さんが多くなっています。
高齢者の患者さんが多く、重症化しやすいため、入院期間が長期となっています。
(成人市中肺炎の重症度別患者数等の項目をご参照下さい)
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 92 3 3.07 3.26 68.75  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 25.29 18.3 2.22 84.36  
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 22 6.05 5.68 - 66.82  
循環器病センターが開設され、患者数が増加しています。
最も多い疾患では、狭心症・心筋梗塞に対する心臓カテーテル検査の症例となっております。
次いで、心不全・不整脈に対する症例となっております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 88 7.45 5.72 - 5.84  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 64 5.77 5.5 - 5.05  
100380xxxxxxxx 体液量減少症 37 4.97 9.18 - 4.78  
入院を要する小児は乳幼児が多く、容易に脱水・ケトン血性嘔吐症に陥ります。
そのため、原疾患治療に合わせ水分・栄養管理が必要となり、5-8日の入院期間を要する事が多いです。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 21 3.48 2.76 - 70.9  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 6.16 9.17 - 71.63  
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 13 20.77 17.41 - 76.08  
最も多い疾患は、大腸ポリープとなっております。
次いで、腸閉塞・結腸の悪性腫瘍疾患となっています。
(5大癌については、初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数の項目をご参照下さい。)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 130 44.01 22.19 - 66.74  
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 86 43.67 28.7 4.65 82.87  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 79 19.82 21.52 7.59 79.29  
肩関節治療センターを中心に、患者数が増加しています。
最も多い疾患は、肩腱板断裂の症例です。次いで、股関節・大腿骨の骨折、胸椎・腰椎の骨折となっています。
全体的に平均在院日数が多くなっていますが、急性期から回復期になられた患者さんは、地域包括ケア病床にてリハビリ治療を行い退院されています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 36 14.94 13.03 - 67  
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 7 11.86 14.34 - 80.29  
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 6 9 9.55 - 48.17  
最も多い疾患は、肺の悪性腫瘍の症例になります。
次いで、肺炎・甲状腺の悪性腫瘍の症例となっています。
(5大癌については、初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数の項目をご参照下さい。)
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり 9 2 3.2 - 69  
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 6 2 3.43 - 80.33  
160250xx97xxxx 眼損傷 その他の手術あり 1 3 4.8 - 68  
眼科の入院では加齢に伴う疾患が多く、中でも白内障が大多数を占め、翼状片、眼瞼内反症と続いております。
(白内障については、短期滞在等手術基本料のためDPC対象外となります。科別主要手術別件数をご参照下さい。)
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 35.55 19 6.06 80.85  
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 27 23.04 18.08 3.7 80.07  
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 19 26.05 14.34 - 74  
パーキンソン病・脳梗塞共に高齢患者の入院が多く、ADL低下により自宅退院が困難となり、在院日数が長くなっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 11 11.18 8.97 - 73.82  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 8 15 11.97 - 73.63  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 6 6.5 10.49 - 86  
皮膚科の入院患者では、通常帯状疱疹が最も多く、次いで皮膚悪性腫瘍手術患者、蜂窩織炎や丹毒などの感染症となっています。
自己免疫疾患や褥瘡以外は入院期間は短く、2週間以内の入院が多くなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 70 8.99 9.53 - 71.83  
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 21 5.86 6.01 - 70  
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 8 7.25 8.55 - 65.5  
女性骨盤庭医学センターで、骨盤臓器脱・尿失禁の治療をしています。
そのため、泌尿器科の患者数は増えています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 5 3 2 2 4 5 1 7
大腸癌 2 3 13 9 10 14 1 7
乳癌 0 2 1 0 3 6 1 7
肺癌 10 2 0 5 8 26 1 7
肝癌 0 0 0 0 3 2 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

肺癌切除例の術後再発は、(平成27年度)2例となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 11 10.55 53.36
重症度 1 23 16.13 77.83
重症度 2 31 23.10 85.35
重症度 3 18 23.89 80.72
重症度 4 10 13.10 83.60
重症度 5 4 62.50 91.25
不明 0 0 0
中等症〜超重症では、平均年齢が後期高齢者の年齢層になっており、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症
化していることが分かります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 20 11.05 81.40 0
その他 1 5.00 90.00 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 60 37.30 82.15 3.28
その他 1 230 87.00 0.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 1 5.00 84.00 0
その他 0 0 0 0
 
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径 2冖に) 26 - 1.15 - 69.54  
K616-4 経皮的シャント拡張術 17 1.59 3.18 - 75.94  
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除術(長径 2冖に) 15 0.2 1.93 - 68.8  
内科・呼吸器内科では、大腸ポリープ切除が多くなっています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径 2冖に) 15 - 1.07 - 61.33  
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除術(長径 2冖に) 2 - 1 - 63  
               
内科・呼吸器内科では、大腸ポリープ切除が多くなっています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) 18 3 2.44 - 68.11  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 13 2.85 10.31 7.69 80.77  
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径 2冖に) 13 0.23 2.31 - 64.54  
循環器病センターでの症例の手術が主体です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径 2冖に) 18 0.67 1.83 - 68.94  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 17 1.06 4.94 - 60.24  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 15 1.33 2.73 - 70.47  
内視鏡的手術が主体となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K080-31 肩腱板断裂手術(簡単なもの) 125 1.08 41.43 - 66.62  
K0461 骨折観血的手術(上腕) 81 3.59 38.19 3.7 78.68  
K0462 骨折観血的手術(下腿) 45 1.84 11.87 - 58.91  
肩関節治療センターでの症例の手術が主体です。
次いで、上腕・下腿に対する手術となっています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 17 2.18 8.29 - 66.94  
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は 1肺葉を超えるもの) 13 2.23 17.54 - 68  
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 8 5.13 13.13 - 47.63  
胸腔鏡下手術が主体となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合・その他のもの) 308 1 1.01 - 76.13  
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) 9 - 1 - 69  
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 6 - 1 - 80.33  
眼科の入院では加齢に伴う疾患が多く、中でも白内障が大多数を占め、翼状片、眼瞼内反症と続いております。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 8 99.25 48.25 - 80.25  
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径 2冖に) 3 - 1 - 65.33  
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除術(長径 2冖に) 2 13.5 7.5 - 74  
胃瘻造設術・大腸ポリープが上位となっています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 8 0.5 6.13 - 86.38  
K0052 皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径 2儖幣 4冖に) 2 1 0.5 - 50.5  
K0062 皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径 3儖幣 6冖に) 1 1 9 - 82  
手術では皮膚悪性腫瘍が最も多く、次いで大きな脂肪腫などの良性腫瘍が主な対象となっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K802-21 膀胱脱手術(メッシュを使用するもの) 69 1.45 6.04 - 71.72  
K8232 尿失禁手術(その他) 20 1.2 3.75 - 70.35  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用のもの) 7 1.29 8.14   75.86  
女性骨盤庭医学センターでの症例の手術が主体です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 19 0.47
異なる 11 0.27
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 24 0.60
異なる 2 0.05
 
更新履歴
2016/09/28/
病院指標掲載